やまさんの読書ブログ

やまさんが読んでおもしろかった本を紹介

『NFTの教科書』天羽健介・増田雅史 編著

 

2022年になって、ネット上でよく目にするようになった「NFT」

NFTとは「非代替性トークン」

何のこっちゃ?

 

これまではデジタルイラストは、スクショなどで無断転載され価値が証明されませんでした。

それがブロックチェーンの技術を用いることで、唯一無二の1点ものの作品であることが証明されるという。

ツイッターの創業者ジャックドローシーの最初のツイートNFTの最高入札額は2.7億円でした。

 

自分が好きなイケダハヤトさんはブログ→仮想通貨→YouTube→NFTの世界へと転身。

遅れをとってはならないと書店で目にしたのが『NFTの教科書』

アートの世界だけじゃなく、ゲーム、音楽、スポーツと広がりを見せていきそう。

 

NFTはインターネット以来の革命で、今、世界は無形資産に向かっているという。

本書から一部抜粋すると、

 

いま世界経済は、無形資産によって支配されはじめています。「無形資産」とは、物的な実体の存在しない資産のことです。たとえば特許やブランド商標権、データ、ソフトウェアなどといった知的財産。また、技術やノウハウを持つ従業員の人的資産、企業文化や製品管理プロセスなどといったインフラ資産なども含みます。

 

コンテンツ作成者にとってはチャンスが広がっていきそう。

ただNFTのアートというと、デジタルのドット絵の印象が強い。

自分はアート大好きですが、なんであのドット絵が良いのかは分かりません。

 

実際に売買しようとしたら、まず暗号資産のイーサリアムを保有しなければならないので、NFTの裾野が広がっていくかは疑問。

つかず離れずNFTの世界を注視していきたい。

『ウイルス学者の責任』宮沢孝幸

 

宮沢孝幸さんの「ウイルス学者の責任」を読みました。

著者の宮沢さんは獣医師で京都大学ウイルス・再生医科学研究所准教授。

ウイルス研究のプロ中のプロ。

 

本の中でADE(抗体依存性増強)について書かれた箇所が特に気になりました。

 

ウイルスは細胞に取り付いて侵入していきますが、細胞に取り付くことを邪魔するのが中和抗体です。中和とは、毒性を中和するという意味ですね。ただ、この中和抗体がウイルスにくっつく場所がポイントになります。細胞に取り付くのはウイルスの突起のごく一部ですが、その突起に中和抗体がくっつくとブロックされます。ところが、突起以外の場所にくっつくと効果がない。ただ効果がないだけならいいのですが、ウイルスにくっついた抗体を介して、免疫細胞であるマクロファージや樹上細胞に入ってしまう現象が知られています。細胞の表面に抗体が取り付く部分をFc受容体というのですが、ウイルスに抗体がくっつくと、Fc受容体を介して細胞に入ってしまう。それでも何も起こらなければ問題ないのですが、ウイルスが増えてしまうこともあるのです。

 

せっかくワクチンを接種して中和抗体ができても、むしろウイルスが増える可能性があるADE。

日本より先にワクチン接種を進めてきたイスラエルは4回目のワクチン接種を進めましたが、陽性者の波のピークがどんどん高くなりました。

 

この記事を書いている7月16日時点の日本では陽性者数が一気に跳ね上がりました。

ワクチン接種をゴリゴリに推し進めてきた河野太郎さんも陽性になりました。

ADEの話はテレビや新聞には出てきません。

ワクチンを真っ向から否定することになるから。

 

今日本で起きている現象を見ていると、ADEを全否定するのではなく、可能性の一つとして議論はしてもらいたい。

『ヤヌスの鏡』宮脇明子

 

1985年12月から1986年4月にかけてフジテレビで放送されたドラマ「ヤヌスの鏡」

杉浦幸さん主演、大映ドラマ制作。

多重人格をテーマにした作品。

当時は小学生でしたが毎週観てました。

 

最近、知人と昔見てたドラマの話で盛り上がり、遅ればせながら「ヤヌスの鏡」には原作があることを知りました。

作者は宮脇明子さんで週刊セブンティーンに連載されていた作品。

 

原作漫画を読むと、当時見ていたドラマの映像が頭に浮かんできました。

ドラマの細かい内容は覚えてないですが、原作の展開が衝撃的。

ドラマで裕美のおばあさんを演じる初井言榮さんが怖かったですが、原作のおばあさんはもっと怖かった。

 

裕美の実の母の自殺をきっかけに、おばあさんに寄って抑圧された日々を過ごす裕美。

裕美の中にある怖い人格ユミが目を覚ますのです。

 

自分の中にも優しい人格と怖い人格があります。

特殊な環境下に置かれると、裕美のように人格が分離してしまうのかもしれません。

 

FOD(フジテレビオンデマンド)をチェックしたら、昔の作品は配信されてませんでしたが、2019年に桜井日奈子さん主演で制作されたリメイク版(全8話)が配信されてました。

ナレーションを担当するのは杉浦幸さん。

早速チェックしてみます。

『手放す練習 ムダに消耗しない取捨選択』ミニマリストしぶ

 

ミニマリストしぶさんの「手放す練習 ムダに消耗しない取捨選択」を読みました。

しぶさんがブログを書かれていた頃は、最新記事が更新される度に読んでました。

 

今、自分の暮らしに「余白」がありません。

部屋の中にはモノが溢れ、仕事に追われ、情報に追われ、あっという間に1日が終わる繰り返し。

余計なものが多い自覚はあります。

 

本によると、現代人が1日に受け取る情報量は江戸時代の1年分という。

しぶさんのTwitterアカウントを見ると、フォロー数は現在「0」

なぜ0にしたのか本の中で触れられてました。

 

たとえば僕はTwitterやInstagramなどのSNSを利用して情報発信をしているが、2年ほど前にフォローをすべて外してゼロにした。僕はもともと200人ほどフォローしていたが、肌感覚では「フォロー数が50人を超えてくるとタイムラインを読みきれない」という問題があった。しかし、仕事の関係者や、コラボしたインフルエンサーなど、「相互フォローでないと気まずい」「一方通行のフォローは失礼」などと考え込み、SNS上での人付き合いがストレスになっていた。

 

現在、自分のTwitterアカウントでは300人ほどフォローしてます。

タイムラインが追えない悩みを今まさに抱えています。

昔フォローしたけど最近全然絡んでない人も多い。

フォローするのは簡単だけどフォローを外すのは相手へのショックも大きい。

いっそのこと、しぶさんのように一旦フォローをすべて外すのも良いかも。

 

急に引っ越すことになってもすぐに動ける程度の量のモノにとどめておきたい。

自分にとって何が大切かを考え、必要のないものは潔く手放す練習をしたい。

『10分あれば書店に行きなさい』齋藤孝

 

斎藤孝さんの「10分あれば書店に行きなさい」を読み返しました。

 

自分は週に1〜2回、仕事に帰りに書店に寄ってます。

落ち着いた雰囲気と知的な刺激が癒しになってます。

職場や家族はほとんど本を読む人がいません。

書店に足を運ぶ人は基本的には本が好きな人。

書店は自分と同じ読書好きの方ばかりなので居心地が良い。

 

特定の本を買いたい時のみネットで購入しますが、自分が買う本の8割はリアル書店。

ぶらぶら店内を歩いて気になった本を買ってます。

 

今回の本も新書です。

新書は文章も平易でページ数も適量でジャンルが多岐に渡ります。

単行本だとハズレた時のショックが大きいですが、新書はダメージが少なく、保管にも場所を取りません。

 

各出版社は、新書を出版業界の主戦場位置づけて続々と参入しているそうです。

新書に関する記述を一部引用すると、

 

つまり新書に注目しているだけで、およそ世の中で脚光を浴びている人、流行や論点を拾うことができるのである。著者という意味でも、編集者という意味でも、日本における文化エネルギーまたは知性エネルギーが結集しているといっても過言ではない。

 

新書コーナーには必ず立ち寄るようにしたい。

本来なら毎日10分でも書店に寄りたい気持ちがあるのですが、近所の書店は閉店してしまいました。

微力ながら他のリアル書店を支えていきたい。

『スマホ料金はなぜ高いのか』山田明

 

山田明さんの「スマホ料金はなぜ高いのか」を読みました。

2020年7月に出版された本。

楽天が携帯事業に本格的に乗り出す前。

 

菅義偉前総理の一番の功績は携帯料金の引き下げ。

楽天が1年間無料という大盤振る舞いを始め、ドコモ、auもネット受付限定の格安プランを始めました。

 

本を読むと、電波事業がいかに閉鎖的で特にドコモは自社の利益を守るため、天下りなど小汚いことをしてきたという印象を受けました。

海外の携帯会社の営業利益率が10%程度なのに対して、ドコモは30%くらいあるという。

儲け過ぎです。

NTTの年間営業収益は1兆円を超えます。

 

自分はソフトバンクのガラケーを使用していましたが、楽天が1年間無料になるタイミングでスマホに乗り換え。

使用データ量は月に3〜4G程度。

ドコモの「ahamo」とauの「povo」の料金プランを比較してみました。

  • 楽天 3G 980円 20G 1980円
  • ahamo 20G 2970円
  • povo 3G 990円 20G 2700円

単純に料金だけで見るなら楽天が一番安い。

休日は山や田舎へドライブすることが多いのですが、楽天は圏外になることが多いです。

何かトラブルがあってJAFを呼びたい時にも電話がつながりません。

 

会社の業務用の携帯はドコモです。

どこへ行っても圏外になることはなく電波が安定してます。

ドコモの悪口を書いてきましたが、楽天からahamoに乗り換えようか真剣に検討しています。

『バテない登山技術』野中径隆

 

プロガイド・野中径隆さんの「バテない登山技術」を読みました。

今年は月に1〜2回程度、標高400mクラスの低山を登るようにしてます。

1時間程度歩き続けるのは余裕ですが、2〜3時間だとかなり不安。

年齢的にも完全に中年なので、今後もより長く登山を楽しめるよう読んでみました。

 

歩き方、食事、給水などバテにつながる要因と対策が分かりやすく解説。

自分の場合、靴のフィット感に問題があると思いました。

足がむくむのを考慮して、少し余裕があるサイズにしたのですが、自分の体質はあまりむくまないようで、靴が緩いです。

モンベルショップに行き、本のアドバイスにあるように厚手の靴下を買ってきました。

靴のフィット感がかなり良くなりました。

 

下山時の歩き方にも問題がありそう。

少しずつフォームを改善していきたい。

 

登山した後、何もしないと翌日ひどい筋肉痛や膝の痛みに襲われます。

下山後、体がまだ温かいうちにストレッチするようにしました。

できない時は風呂あがりにするようにします。

 

登山を趣味にされている方におすすめの本です。

『映画を早送りで観る人たち』稲田豊史

 

稲田豊史さんの「映画を早送りで観る人たち」を読みました。

 

自分はユーチューブの動画を観る時は、1.5倍速が多いです。

通常のスピードだとかったるい。

映画は通常のスピードで観ますが、年のせいか2時間も集中力が続きません。

昔より映画を観る絶対数が少なくなりました。

 

アマゾンプライムだと、大量の作品が無料で観られます。

スマホで観ている若者も多いのでしょうか。

 

プライム会員向けに最新の話題作がいち早く見放題の対象に設定されることが少なくない。逆に、リリースから時間が経っている旧作に追加料金を支払わねばならないケースは多い。

つまり「新作は安く、旧作は高い」。レンタルビデオショップの逆である。

 

「シンエヴァンゲリオン」「007」が映画で上映されて1年も経ってないうちに見放題になっていたことに驚きました。

「ET」は料金が必要でした。

若い世代をアマゾンプライムの会員になってもらうための戦略。

 

昔に比べて世の中に映像コンテンツが溢れてます。

旧来の放送局だけでなく、一般の方でもユーチューブで発信できるようになりました。

昼間、普通に仕事していると、自分が自由に使える時間は限られてきます。

その限られた時間を、映像だけでなく、ツイッターなどのSNS、ゲームなどが奪い合う。

 

本来、通常の速度で映像コンテンツをじっくり味わうべきだとは思います。

現実は、早送りで見続けるだろうなあ。

『男のお洒落の方程式』森岡弘

 

男性ファッション誌「メンズクラブ」でファッションエディター等のキャリアを持つ森岡弘さんの「男のお洒落の方程式」を読みました。

人は見た目が9割。

たかが見た目で損しないためのファッション指南所。

 

昔はユニクロで買った服ばかり着てましたが、ある時期ファッションに興味を持ち始め、本を読んでファッションの研究をしていました。

いろんな方の本を読んでると、共通する内容も出てきます。

ファッションは勉強すれば上達するジャンル。

 

スーツはとてもよくできた服。

どんな体型のおじさんでも、ワイシャツ着て、ネクタイ締めて、上着を羽織ればそれなりに格好良く見えます。

中年以降の男性が問題なのはオフのカジュアル服。

夏になると、お腹の出たおじさんがTシャツ1枚で自転車乗ってる姿をよく見かけますが、だらしなさが強調されてます。

 

本の中に「シャツはオヤジの七難隠す。夏こそシャツの魅力を活用しよう」という項目がありました。

 

特に年齢を重ねた男性ほど、もっとシャツを着てほしい。理由は、「アゴや首など、年齢が表れやすいパーツを、シャツの襟が隠してくれるから。」

少々体型に難があっても、Tシャツと比較して、シャツの体型カバー力はかなりのものでしょう。

 

自分も首回りを見ると、年をとったことを実感します。

襟付きのシャツは必須。

夏のオフはポロシャツを着ることが多いです。

特にラコステのポロシャツが気に入ってます。

『ほったらかし投資術』山崎元 水瀬ケンイチ

 

「ほったらかし投資術」を読みました。

経済評論家・山崎元さん、インデックス投資ブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」を運営する水瀬ケンイチさんによる共著。

水瀬さんのブログは10年以上読み続けてます。

自分がインデックス投資を続けられているのはブログのおかげ。

 

第2版の時は、山崎さんと水瀬さんと主張が違う点が所々ありました。

為替リスクに対する考え方など。

 

今回の第3版はとにかくシンプル。

インデックス投資家の間で有名なあるファンドが推奨されてました。

第2版以降、良質なインデックスファンドが誕生し、運営コストも安くなりました。

本の中で紹介されているファンドはファイナルアンサー。

 

長年、インデックス投資を続けている自分からすると、新たな発見はありませんでしたが、インデックス投資の初心者、これから投資を始めたい方に自信を持っておすすめできる1冊です。

 

近年、米国株を推奨する本やユーチューバーが人気でした。

リスクの分散という観点から、米国株より世界株です。

 

FIREに関する山崎さんのコメントが印象に残りました。

 

FIREを目指す若い人には、金融資産の形成ばかりを重視して、自分の人的資本に対して過小投資になっていないかという可能性が心配になることがあります。また、お金には有効に使えるタイミングというものがあります。

 

自分もできればFIREしたいです。

でも普段の生活の楽しみを我慢してまでお金を投資に回したくない。

本を読み、たまには旅行に行って美味しいものも食べたい。

ストイックな節約は無理です。

 

今後も収入の一定の割合をインデックス投資に振り分けていきたい。